ハングルマスター

韓国語・ハングルを勉強したい!YUKIKAWA独学ブログ

おすすめの韓国ドラマを紹介します【応答せよ1988】編

皆様、こんにちは!
今回、おすすめする韓国ドラマは【恋のスケッチ~応答せよ1988~】です。

韓国での題名は『응답하라 1988』です。
5組の家族の在り方や、幼馴染の絆を描いた感動のドラマです。

f:id:yukik8er:20190303184213j:plain
画像出典:tvN

あらすじ

1988年、韓国で初めてオリンピックが開催されるこの年は、国中がお祭り気分で活気に溢れていた。
学校の成績は999番、勉強よりもオシャレに興味津々の高校2年生ドクソンと、兄弟のように育った近所に住む幼なじみ、サッカー好きのジョンファン、優等生のソヌ、そして天才囲碁棋士のテク。
ある日、ドクソンは友人から「ソヌはいつもドクソンのことを見ている」と言われ、急にソヌのことを意識し始める。だがソヌが想いを寄せていたのは、ドクソンの姉ボラだった…。(引用元:衛星劇場

出演

◆ソン・ドクソン:イ・ヘリ
キム・ジョンファン:リュ・ジュンヨル
◆ソン・ソヌ:コ・ギョンピョ
◆リュ・ドンニョン:イ・ドンフィ
◆チェ・テク:パク・ボゴム  他

f:id:yukik8er:20190303184806j:plain
画像出典:tvN

みどころ

このドラマのみどころは、今とは法律が違うシーンとかが出てくるので、韓国の歴史の勉強にもなるところかも。

例えば、ハムニダ体の『습니다』が「읍니다」から変わるときだったり、法律で同じ苗字の人は結婚出来なかった時代で、子供が同じ苗字の人と付き合ってるというだけで、親が怪訝な顔をする…そうそう!そういう時代あったな…と歴史の勉強になります。

このドラマは、元々はドクソンの結婚相手は誰なのか?という内容で、学生時代をメインに幼馴染同士のワイワイした青春ストーリーなのですが、、私的には家族のあり方を考えさせられて、1つの家族ごとにストーリーがあってよく作られているなと思いました。

キャラ的に好きなのは、ドクソンの姉「ボラ」とテクのお父さんが好き。

ボラって冷たいようで、実は心が温かい。
そして、可愛くて努力家で…上手く自分の思いを表現出来ない。
ボラみたいなお姉ちゃん欲しかった。

テクのお父さんは、穏やかでぼーっとしている印象だが、テクのことをとても愛しててクマさんみたいな出で立ちで、なんか後ろからぎゅーっとしたくなる存在です。

f:id:yukik8er:20190303190054j:plain
画像出典:tvN

正直、ドクソンの結婚相手はどうでもええ…と思うくらい、他のカップルの恋の行方にドキドキワクワク。
いやぁ、だって…ドクソンの結婚相手、考えなくてもあの人でしょ?って初回から思ってたし。
どんでん返しがない限り…ですが。

見終わった今、ほらね!だよね…。という感じです。
なので、ドクソンの恋の行方よりは、幼馴染の絆とか友情とかの方が面白い作品です。

このドラマの一番のみどころだったのは、修学旅行先で3人がソバンチャの「オジェパメイヤギ」を踊るところ!
日本でもダウンタウンが歌ったことでも有名の「オジャパメン」ですよ!

3人カッコいいんですけど!ダンス上手ですね!

あと、大人になったテク…学生時代を演じたパク・ポゴムと違い過ぎてショックを隠せない。
別に他の役者が演じるのだがら、絶対似てはないのですが…そういうことじゃなくて、あの...ほわ〜んとしたテクが好きなのに、流暢に喋るテクになってて、なんだかな〜というぼやき…。

f:id:yukik8er:20190303190116j:plain
画像出典:photo.kmib

リュ・ジュンヨルssiが好きで見始めたこのドラマ...だったのですが、コ・ギョンピョssi好き♡で締めくくります!笑

また、応答せよシリーズでは、これが1番良い。
1997は、途中で断念。1994は、1話だけ見て断念。
なんか、続きを見ようと思わなかった...という。でも、見続けたらいろいろ繋がってるので、面白かったのかもしれません。

ドクソン一家の話は、とっても泣けるシーンがいっぱい。
特に父のドンイルと、娘ボラの2人のシーンは泣ける。

ぜひ、機会があったら見て欲しい作品です。


韓国ドラマ「恋のスケッチ~応答せよ1988~」DVD予告編

購入はこちら

韓流ドラマオンデマンド