★ハングルマスター★

YUKIKAWAハングル講座☆韓国語の勉強を一緒に始めよう!!

分かち書きって何?区切りスペースを学ぶ【韓国語の基本】띄어쓰기とは?

みなさま、こんにちは。
今日は、韓国語の基本「分かち書き」を学びます。
もっと早く記事にすべきでしたが、書こうと思っていたのに・・・ちょっと忘れていました。すみません・・・。
できる限り、分かりやすく記事にしましたので一読ください。

f:id:yukik8er:20180209221358p:plain

分かち書きをハングル文字で

【띄어쓰기】読み:ッティオッスギ

「띄다」分ける+「쓰다」書く
単語と単語の間にスペースを入れ、使い分ける韓国語の文法です。
日本語のように、漢字・ひらがな・カタカナと分けていないということと、すべてくっつけると読みづらいため、区切りを入れることで理解しようというもの。

分かち書きとは?例単語で紹介

区切りスペースを入れないと意味が変わってしまうということです。
例えば「上手くできない(下手)」と「間違い」という単語は、似ています。

□잘␣못하다(上手くできない)
読み:チャル モッタダ

■잘못하다(間違っている)
読み:チャルモッタダ

このように、スペースを入れないと意味が変わってきます。

【例】上手・下手 or できます・できない

分かりやすいのが【잘하다・잘␣하다】or【못하다・못␣하다】です。

【잘하다・잘␣하다】は「上手」と「よくできる・する」の違いなので、若干理解できそうですが【못하다・못␣하다】は、スペースの有無で「はてな?」となりそうです。

例文
・요리를 잘하다(料理が上手)
・요리를 잘␣하다(料理をよくする)

・요리를 못하다(料理が苦手)
・요리를 못␣하다(料理ができない)
※理由があって「することができない」という文章になります。

分かち書きのルール

1・助詞

名詞のあとにつける助詞は、くっつけて書きますが、そのあとの単語とはスペースが必要です。

・날씨가␣좋아요(天気がいいです)

2.補助用言

単語を補助する文の場合、スペースを入れるのが基本だが、くっつけて書いても意味は通じる。

・도와␣드리다
・도와드리다
(助けてあげる)

3.形式依存名詞

【수】【것】は、スペースが必要です。

・부를␣수 있다(歌うことができる)
・먹을␣것이 좋아(食べることが好き)

4.単位依存名詞

数を表すときは、スペースが必要です。

・한 개(1個)
・한 대(1台)

以上です。
なんか、難しいですが・・・日本語の句読点と考えればなんとなく理解できそうですね。ではでは~(*^-^*)