★ハングルマスター★

韓国語の勉強を1からスタートできるハングルブログ

韓国語の発音まとめ

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語の発音について簡単にまとめましたので
ぜひ、今後の韓国語の勉強に役立てていただけたら幸いです。

 

【韓国語の発音の変化】

有声音化

ある方式のときに
平音が濁音になるというものです。

通常は、4つの子音【ㄱ・ㄷ・ㅈ・ㅂ】が母音に挟まれると
濁音が付き、発音が濁るのですが
この【有声音化】というのは、下記の4つ子音のあとにも
濁点がつくよ!っていうことです。

パッチム【ㅇ・ㄴ・ㄹ・ㅁ】+  続く子音【ㄱ・ㄷ・ㅈ・ㅂ】のとき
発音が濁ります。

【例】시계(時計)
読み:シゲ(×シケとは発音しない)

連音化

連音化については、以前まとめたのでコチラをどうぞ!

www.yuki0918kw.com

鼻音化

鼻音化についても、以前まとめた記事がコチラ!!

www.yuki0918kw.com

濃音化

あるパッチムのあとに続く子音が濃音化するというもの。
濃音とは、息を吸うように発音する音のこと(イメージ『ッカ』など)

パッチム【ㄱ・ㄷ・ㅂ】 +  続く子音【ㄱ・ㄷ・ㅂ・ㅅ・ㅈ】のとき
濃音化します。
いわゆる発音が『ㄲ・ㄸ・ㅉ』になるということです。

【例】식당(食堂)
読み:シクッタン(×シクタン:小さい「ッ」を入れて発音する)

激音化

あるパッチムの後ろに子音の【ㅎ】がつくと、発音が激音化します。
激音とは、息を吐くように力強く発音する(イメージ『カッ』など)

パッチム【ㄱ・ㄷ・ㅈ・ㅂ】 + 【ㅎ】=発音が『ㅋ・ㅌ・ㅊ・ㅍ』になります。

【例】입학(入学)
読み:イパック(×イプハク:連音化のように滑らかに発音できる)

口蓋音化

あるパッチムのあとに【이】がつくと、発音が変化します。

パッチム【ㄷ・ㅌ】 +  【이】=  ㄷ『ㅈ』『ㅊ』に変わります。

【例】같이(一緒)
読み:カッチ(×カッイではありません)

舌側音化

パッチム【ㄹ】 + 続く子音【ㄴ】もしくは
パッチム【ㄴ】 + 続く子音【ㄹ】のとき
どちらも発音は『ㄹ』になります。

【例】연락(連絡)
読み:ヨルラク(×ヨンラクではありません)

「ㅎ」の弱化

「ㅎ」は語中文字のとき、ほとんど発音しません。
最終語幹のパッチムを滑らかに発音するためです。

【例】결혼(結婚)
読み:キョロン(×キョルホンではありません)

「ㄴ」添加

パッチムのあとに続くハングル文字が【이・야・유・여・요】のとき
【ㅇ】【ㄴ】の発音に変化します。

『イ・ヤ・ユ・ヨ』が『ニ・ニャ・ニュ・ニョ』になるということです。

【例】그럼요(もちろんです)
読み:コロムニョ(×クロムヨではありません)

 

韓国語の発音は、本当に奥が深い。
正直、最初の方に書いた記事で間違いがあるかも・・・
あ~怖い!!見つけたら、すぐに修正します( ˘•ω•˘ )