★ハングルマスター★

YUKIKAWAハングル講座☆韓国語の勉強を一緒に始めよう!!

韓国語で声をかけてみよう!第2弾「イバヨ」ってどういう意味?

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語の声掛けについて勉強しましょう。

以前、声掛けの記事を書きましたが、またまた書きたい単語があったので、第2弾としてまとめました。ぜひ、一読ください。

f:id:yukik8er:20180429222703j:plain

すみませんが・・・

【죄송한데요】読み:チェソンハンデヨ

죄송:恐縮」は、申し訳ないときに、謝る単語として以前紹介していますが、今回は声をかけるときのフレーズです。

声を掛ける以外にも、相手に質問する/意見するときにも使用できます。
「すみませんが・・・」「申し訳ありませんが・・・」と訳されます。

ちょっと!!・ほらっ!!

【이봐요】読み:イバヨ

今回の記事で一番メインで書きたかった単語です。
「イバヨ!」って韓国ドラマでめちゃ聞くんですよ。
直訳すると「:これ」「봐요:見ます」で『こっち見てよ』というニュアンスの声掛けです。

なので、TVの字幕を見ていたら「こっち見ろよ」とか「おい」「ほら」「ねぇねぇ」という声掛けで、”すみません”という感じではなく、振り向けよ!風なイメージとなります。

」が付いてるから、丁寧語ではありますが、結構キツめです。
パンマルなら「이봐」でOKです。

ねぇねぇ・ちょっと・オイ!!

【어이】読み:オイ

読みも意味も・・・そのままの「オイ」。
男性がよく使う傾向にあります。
あまり女性では聞かないです(韓国ドラマでは・・・)
※私の情報は、基本韓流ドラマから・・・('◇')ゞ

「ちょっと」や「おい」と呼び止めるときなどに使用するが、やはりキツイ印象の声掛けになるので、年下や同い年でも親しい間柄で使ってください。
また、喧嘩を売るときにも使用します。

【야】読み:ヤー

この「ヤー」は、男女共に使用します。
基本、目下の人へ使用するパンマルですが、家族で仲が良かったらアリ?かもしれません。
ドラマで、妹が姉に「ヤー」って言ってたので、まぁ・・・年上でも大丈夫な場合があります。使う相手を見極めて使用してください。

意味は、「ちょっと」や「ねぇねぇ」という声掛けになりますが、焦っているときや怒っているときなど良く耳にします。
「ちょっと!!(何してるの?)」や「ねぇ!!(早くして)」などなど。

どのドラマでも1話に1回は絶対と言っていいほど耳にします。「ヤーヤーヤー」と連呼するときは、結構怒り気味かも。

【얘】読み:イェー

元は「이 아이」この子という意味で、縮約して「」と言います。
名前を呼ばずに「そこの君!」みたいなイメージで使用するときがあります。
親が子供を呼ぶときなど。
※あまりドラマでは、見かけない。

その他の声掛け

www.yuki0918kw.com

以前の記事です。
すみませんに値する単語まとめです。

ではでは、このへんで。