★ハングルマスター★

韓国語の勉強を1からスタートできるハングルブログ

韓国語で「もう少し」とは?【좀 더】意味を勉強しよう!

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「もう少し」や「もうちょっと」という単語を
例文にして分かりやすく解説していきます。

 

【좀 더】もう少し・もうちょっと
読み:チョムト

 

解説

そもそも「もう」【더】ト。
「もっと」や「より」という意味合いを持つ!

そして「少し」は【조금】チュグム。

そして、この2つの単語がくっついて「もう少し」という単語になります。

ここがポイント!

直訳すると『더 조금』となるのですが
実際は、単語が逆にくっついて
【조금 더】チュグムトという単語で「もう少し」という意味になります。

そして、省略して【좀 더】チョムト

【조금 더】チュグムトと言ってもいいのですが
私は、実はこっちの発音が苦手です。

【좀 더】チュムトの方が発音しやすいです。
そして「ム」は「ン」に近い発音で言うといいと思います。

例文

・좀 더 천천히 말해주세요.(もう少しゆっくり言ってください)
読み:チュムト チョンチョニ マレジュセヨ

・좀 더 걷자!(もうちょっと歩こう)
読み:チュムト コッジャ!

・좀 더 힘내요.(もう少し頑張ってください)
読み:チュムト ヒムネヨ

・좀 더이야!(もう少しだよ!)
読み:チュム トイヤ

違う単語で、もう一つ!

【하나 더】もう一つ
読み:ハナ トー

私は、固有数詞の読みが好きなのですが
『하나』は1つ、『더』は、もう。
やっぱり、逆にくっつけて「もう一つ」となります。

市場で買い物するときに使えますね!
「ハナ トー」と言えば、もう一つ注文できますね(^◇^)


ではでは、このへんで。トバヨ~。