★ハングルマスター★

YUKIKAWAハングル講座☆韓国語の勉強を一緒に始めよう!!

韓国語の丁寧な命令形とは?【십시오】活用方法を勉強しよう!

皆さま、こんにちは。
今日は、韓国語で「~してください」について勉強しましょう。

【주세요】チュセヨも同様「~してください」として使用しますが、もっと丁寧な命令形の言葉を今回は紹介します。

日本の電車のアナウンスでも「お待ちください」と使用されています。

f:id:yukik8er:20171217124803p:plain

解説

パッチム【으십시오】ウシシオ

パッチム【십시오】シオ

基本的に説明書や、施設でのアナウンスで使用されています。

パッチム有は、連音化のため「ウ」とは発音しません。

【주세요】との違い

例として「待つ」という【기다리다】キダリダで説明します。

【기다려주세요】待ってください
読み:キダリョジュセヨ

【기다리십시오】お待ちください
読み:キダリシシオ

上記のように【십시오】は、より丁寧な文章となります。

依頼と命令形を合わせた文章

【기다려주십시오】しばらくお待ちくださいませ
読み:キダリョジュシプシオ

とても丁寧な文章です。
電車のアナウンスなどで聞かれます。

例文

・확인하십시오.(確認してください)
読み:ハァギナシプシオ

・이쪽을 보십시오.(こちらをご覧ください)
読み:イチョグル ボシプシオ

ヘヨ体にあたる命令形

【세요】~ください
読み:セヨ

イメージとしては、タクシーで「行ってください」などで使用します。
丁寧ではあるが【십시오】ほどかしこまった感はないです。

例文

・서울역까지 가세요.(ソウル駅まで行ってください)
読み:ソウルヨクッカジ カセヨ

・빨리 드세요.(早めに召し上がってください)
読み:パルリ トゥセヨ

 

ではでは、このへんで~( *´艸`)