★ハングルマスター★

YUKIKAWAハングル講座☆韓国語の勉強を一緒に始めよう!!

韓国語で表す効果音!「じゃじゃ~ん」など

皆さま、こんにちは。
日本語でもある効果音!
知っておきたいところですよね。
いろいろ調べると効果音以外にも擬音語もたくさんあって
少しずつ小出しにしていきますね(*'▽')

 

【효과음】効果音
読み:ヒョウグァウム

 

【짜잔】じゃじゃ~ん

読み:チャチャーン

【짠】チャン または【짠】を延ばしてチャーンと言うそうです。
日本語で「じゃーん」韓国語で「ちゃーん」
似てるから、もう覚えたよね!

【두근두근】どきどき

読み:トゥグントゥグン

※日本語で「ドキドキ」って・・・今思えば
そんな心臓の音に似てないけど
韓国語は、本当に心臓の音を表しているので
これも、もう覚えたよね!!(←押しつけㅋㅋㅋ

例文

・긴장하고 두근 두근. (緊張してドキドキ)
読み:キンジャンハゴ トゥグントゥグン

※これは、擬音語ですね・・・(; ・`д・´)

【땡】ブッブー

読み:テン

※間違ってるときの「ブッブー」に当てはまる。
いわゆる「不正解!」「はずれ~」として使用。
勢いよく「ッテン!!」って言おう。

【딩동댕】ピンポーン

読み:ティンドンデン

※上の「ブッブー」の反対です。
「正解!」「あたり~」として使用。
正直、言いづらい・・・ㅋㅋㅋ

【뿅】ぴょん♡

読み:ピョン

※メールの文末などに「뿅」と入れることが多い。
意味として「じゃぁね」や「バイバイ」として使われるが
先日、♡マークを出す時に「뿅」と使うとテレビで紹介されていました。

日本人は、いきなり♡マークを手で表したりして
感情表現を出すことはほぼ皆無だが
韓国では、自然に「사랑해요」サランヘヨ~と
友達や家族に使うらしいので、感情表現豊かな韓国らしいですね。


効果音・擬音語は、まだまだあるので
少しずつ調べていこうと思います!

ではでは、またね~。